ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">マシュマロが大好きだ その2</span>

マシュマロ七変化


では早速マシュマロを食べていきましょう。

と、言ってもただ食べるだけではもったいない。
今回はマシュマロの美味しい食べ方をいくつかご紹介しますよ。


まずは、焼きマシュマロ。


ボーイスカウトとかがやっていそうなあれですよ。
焚き火の前に座って、木の枝に刺したマシュマロをこんがりと炙る。
う~ん、美味しそうですね。

今すぐやってみたいところなんですが、近所に焚き火を出来る公園もないし、
かといって家でやるにも我が家はオール電化住宅なのでIHヒーターしかない。



なので、ろうそくで焚き火の代わりにしました。

♪燃ーえろよ 燃えろーよ 炎よ燃えろ
 
 鼻歌交じりに焼いていると…



あらら、少し焦げた。
まあ、いいか。早速一口。

外はカリカリ、中はトロトロ。
焦げた跡も香ばしくていい。

ボーイスカウトってこんないいもの食ってたんですね。
入ればよかった。 


お次はマシュマロトースト。




なんと、マシュマロをパンにのせて焼いちゃいます。
いったいどうなることやら。
マシュマロをパンの上にのせてオーブンにセット。
行ってらっしゃ~い。

待つこと数分。「チーン!」



お、焼けたかな。
なんだこれ、シメジみたいじゃないか。
若干ビジュアルショック。

見た目はさておき、味のほうは…



おお、コレはうまい!
マシュマロがとろけて超うまい。
焦げ目もカリカリしてていいアクセント。
一気に食べ終わりました。

マシュマロ紅茶

トーストを食べたらのどが渇いたな。


と、言うことでマシュマロ紅茶を飲むことに。
普段はそのまま飲むところにマシュマロを入れます。
今回は紅茶との相性を考えダージリン紅茶マシュマロをセレクト。



紅茶の熱で少しとろけたところをいただきます。

ん、コレは飲んだことある味だな。
あっ、午後の紅茶ストレート微糖の味がする。

マシュマロのほのかな甘みがいい感じです。


最後にデザートを。


デザートはこの前テレビでやっていた
「マシュマロクリスピー」なるものを作ります。
作り方は超簡単。



まず、クッキングシートを敷いたお皿に
マシュマロを置いて、レンジでチンします。



ぶわー。
マシュマロは温めるととっても大きくなります。



レンジから取り出したマシュマロが冷めないうちにコーンフレークを混ぜて手のひらでつぶします。
マシュマロが冷めてからシートをはがすと…



完成です。
一口食べてみましょう。
おお、マカロンそのものだ。
食感といい、味といいマカロンそのもの。
よく考えてみれば、材料はほぼ同じですものね。

普段はちょっと高くて手に入りにくいマカロン
簡単に再現できる。
手軽にリッチな気分が味わえるのでお勧めです。