ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">マシュマロが大好きだ その1</span>

マシュマロが大好きだ



皆さんは、「好きなお菓子はなに?」と聞かれて何と答えますか。
「プリン!」「断然ドーナツだよ。」「いや、ケーキでしょう。」
うん、どれも美味しいですよね。

しかし私はこう答えます。
「マシュマロが大好きだ~!」

え、マシュマロ?そう思われた方も多いでしょう。
お菓子の中でも意外と影の薄いマシュマロ。

今回はマシュマロの魅力を分かってもらうために
皆様を魅惑のマシュマロワールドへご招待します。


マシュマロとの出会い



私がマシュマロとはじめて出会ったのは近所の駄菓子屋でした。

ある日、いつものように友達と駄菓子屋へ行きました。

うまい棒やするめ、水あめなど様々な駄菓子が並ぶなか、
ひとつ変わったお菓子がありました。

「何だこれ。白くて柔らかいぞ。食べられるのかな。」

面白そうなので、買ってみることに。

「おばちゃん、これちょうだい。あ、これなんていうの。」
「ああ、それはチョコまんっていうんだよ。」
「へえー。おいしいの?」
「食べてみなよ。」

進められるがままに食べてみると、

「なにこの食感!ふわふわしてておいし~!」




私がそのとき買ったのは「チョコまん」と呼ばれる
中にチョコの入ったマシュマロで、一個20円ぐらいでした。

私はそれ以来マシュマロの不思議な食感の虜となり、駄菓子屋へ行くと
必ずマシュマロを買うようになりました。

私が思うに、マシュマロの魅力はその食感にあると思います。
なんというか、食べちゃいけないものを食べている感じ。

皆さんも子供のころ、スポンジ(食器などを洗う方)や練消しゴムなどを見て
「これ、食べられたら美味しいんだろうな~。」
と思ったことはありませんか。(もしかして私だけ?)

マシュマロはその感覚に近いのです。
マシュマロなら食べても怒られませんし。


マシュマロを大人買い


「あそこなら大きいし、いっぱいマシュマロが売ってんだろう。」
というわけで早速近所のイオンへマシュマロを買いに行きました。

イオンの中にマシュマロが売ってそうなところはないか。
マシュマロレーダーを働かせて店内をうろついていると輸入菓子の専門店が。
「ここなら絶対売ってる!」自分のマシュマロレーダーを信じ突入。
予想どうりたくさんのマシュマロが売ってました。

「うわー、でっかいのも、ちっちゃいのもある!」

「これはチョコ味、おおっ、紅茶味なんてのもあるぞ。」

「コレなんか凄いカラフル。やっぱ外国(むこう)の菓子って感じだなぁ。」




若干トランス気味になりながらも、売り場にあったほぼすべての
マシュマロを買占め、お店をあとにしました。


さて、今日の収穫を見ていきましょう。


買ったものは

・普通のマシュマロ
・イチゴマシュマロ
・チョコマシュマロ
・ダージリンマシュマロ
・カラフルなマシュマロ
・カルピスマシュマロ
・小粒なマシュマロ
・ふわふわケーキ(洋風黄身あんDX・ストロベリー)

の9種類です。




ふわふわケーキは最近コンビニでも
売っていますよね。
中にあんが入っていてケーキ
というより饅頭っぽい。
私は洋風黄身あんDXが気に入りました。
DXって。


このマシュマロはベルギーのものです。
なにこのメルヘン。
やっぱり海外のものはカラフルですね。


食べる前にまずはマシュマロを大人買いしたらやってみたかったこと。
大きなボウルいっぱいに盛り付けてみる。


「うわ~。」

マシュマロを見て初めて感動しました。

「こんなにある!いつもは我慢してたけど今日は全部オレのもの!」

もう、ウキウキ、ワクワク。
こんなに興奮したのいつ以来でしょうか。




あっちから見てもマシュマロの山。


こっちから見てもマシュマロだらけ。

ひとしきりマシュマロを観賞した後はいよいよ食べますよ。