ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">あぶくま洞で宇宙を見た その4</span>

地底のクリスマスツリーと月の世界



滝根御殿を見終えて感動していると巨大なツリーが。
「何で洞窟にツリーなんかあるの!」



このクリスマスツリーは石筍(せきじゅん)
といい、東洋一の大きさだそうです。
カップルの皆さん、クリスマスはここです!
鍾乳洞の中で愛を語らいましょう。(笑)



これは安らぎの岡。
コレはどう見立てればいいのかな。
手前のが岡で、奥のが山かな。
いつの間にか鍾乳石を見立てる
スキルが付いている自分に驚く。

さあ、あぶくま洞もいよいよクライマックスに近づいてきましたよ。
最後の見所がこれだ!



「月の世界」はあぶくま洞の最後を飾る主な鍾乳石をすべて観察できる場所です。
ここでは色が自然に移り変わる調光システムで、暗闇から朝日が昇り、
夕日となって沈むまでを演出しているそうで。めっちゃきれいやぁ~!
しかし、「月の世界」とはこれまた地底の小宇宙ですな。ロマンがある。



でもってついにゴールに到着!

…外に出ると急に現実に引き戻されますね。パイロンと日本庭園って。
さっきまでがまるで夢のようです。

お土産でハイテンション

「せっかくだし、なんか買っていこうか。」
あぶくま洞の出口に併設されているお土産屋さんへ立ち寄ってみることに。



店内は、石・石・石のオンパレード。



どこを見渡しても石だらけ。



このでかい鍾乳石は21万します。
もう高いんだか安いんだかわからない。



「あっ、コレなら買える!」と父がコレに食いついていました。
「だめだめ!こんなの買ってどうするの。2万8千円って高いじゃん。」
母にしかられる父。って、安かったら買うんですか!
こんなものまで買う気にさせる。I's a あぶくま洞マジック!
みんな目を覚ませ~!!



…と、言いつつ自分も500円の鍾乳石買ってしまいました。
なかなか魔法は解けません。

まとめ



・あぶくま洞は地底の小宇宙だ
・観光名所で他人に乗せられてはいけない
・探検コースは思ったよりハード
・洞窟内では上下感覚を失う
・鍾乳石を見立てる無駄なスキルが付く
・お土産を買うときには散財しないように注意が必要

写真はあぶくま洞へ向かうときの車のカーナビ。
こんな縮尺で運転している父を改めて尊敬しました。すげぇ。

長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。