ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">あぶくま洞で宇宙を見た その2</span>


洞窟を中ほどまで進むと、暗闇に人影が。

私「うわっ、びっくりした~。」

そこにいたのは、案内のおじさんでした。

案内「ようこそ、あぶくま洞へ。」

私「ど、どうも。」

案内「ここから先は観光コースと探検コースに分かれております。どちらにしますか。」

妹「せっかくきたんだからさぁ、探検コースにすれば?」

母「そうだよ、面白そうじゃん。」

私「で、でもインディ・ジョーンズみたいにハードだったらやだなぁ。」

案内「大丈夫。そんなにきつくないから。15分ぐらいですよ。」

私「で、でも。」

案内「お兄さん、若いんだしさ。大丈夫だよ。いい思い出になるよ。」

母「係りの人もそう言ってるんだしそうしなよ。」

妹「そうそう。それともなに、一人で行くのが怖いの?」

私「そ、そうじゃないって。分かったよ。すみません、じゃあ探検コースにします。」

(探検コースに進もうとすると)

案内「あっ、ちょっとお兄さん。200円払って。」

私「…!お、お金払うんですか。」

案内「お一人様200円頂いております。」

私「…はい、どうぞ。」

…お金取るんかいっ!まんまと観光名所の罠にはまってしまいました。



色々ありましたが、探検コースのチケットを購入。
「塩せんべいは、たんけんのチケットをてにいれた!」
脳内RPGがスタートしました。

「よぉし、いくぞ~!」

早速探検コースの中へ。



入り口からこんな感じ。否応なしに興奮してきます。

♪タッタラー タッタター タータタッタ タタタッタッタ…

インディ・ジョーンズのテーマの鼻歌を歌いながら進んでいくと小さな穴が。



「狭っ!ここ通るの!」
少し動揺しましたがまだまだこんなの序の口でした。



頭上注意!
ここで頭を持っていかれそうになりました。



「滝根富士」。
日本人って何にでも富士ってつけますね~。
なんでも富士つければいいってもんじゃないと思います。



こんな凄いところを階段下ったりします。
(ここで少しコケました。)



「なにこの狭さ!通れるのかよ!」
写真では分からないですが、この岩幅50センチもないです。



「地底の精霊」。う~ん、よく分からない。
でもなんか出てきそうですね。地底人とか。



そしてこの狭くて長い階段を上ると…