ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">ティーバッグでおりがみ その2 フォークリフト</span>

ティーバッグで折り紙、第二弾は「フォークリフト」です。

「はたらくじどうしゃ」の中でも異様なルックスで子供たちにも大人気ですね。


制作のきっかけは、ティーバッグの紙のタグサイド(いわゆる「ヒラヒラ部分」、前回私が命名。この言葉は浸透したのでしょうか。ためしに使ってみました。→コメント欄参照)をぼんやり見ているときに、
「この形、なんかに似てるんだよな~。あっ、フォークリフトだ!」とひらめいたことです。





この作品の製作に当たって、フォルムはチョロQのようにアイコン化し、
且つフォークリフトアイデンティティである「フォーク部分」をわかりやすくしました。

さらにパッケージの柄を生かし、フォーク部分には「LIFT HERE」の文字をアクセントに残しました。(フォークリフトだけに。)

折り上げると、紙同士がかみ合ってちゃんと自立します。





ですが、ひとつだけ欠点が。このフォークリフト、荷物どころか1円玉さえ持てないのです。
ゼムクリップも重すぎて持てません(笑)
なので、ティーバッグのタグで作った荷物を持つので精一杯です。

まぁ、その可愛さに免じて許してやってください(笑)