ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



番外編 筆箱選びの愉しさと苦悩 マストアイテムの条件編

他人の筆箱の中身を見るのはとても楽しいですよね。

 

なんか、その人のこだわりが垣間見れるというか。
大きく言えばその人の「生き様」が見えるような気がします。(←言いすぎですね)

 

ただ、他人の筆箱ばかり見させてもらって、自分のは見せないというのは申し訳ないので
お恥ずかしいですが私、塩せんべいの筆箱と中身を公開いたします。

 

ご意見やご感想等を受け付けますので、もしよろしかったらコメントしてください。

 

今回は筆箱の中身について。

 

私が最低限筆箱の中に入れておきたいものは

 

 筆記具

 

シャープペンシル…ノートをとるのに使う。細身で軽めのものを。太さは細すぎず太すぎずの0.5。
・ボールペン(黒)…シャープペンシル不可な物に使う。(書類など)滑らな書き味を希望。
・色ペン(黒以外の3色以上)…ノートをとるとき用件を整理してかつ目立たせる。
               多色ペンもいいが黒はいらない。これも滑らな書き味を希望。
・ラインマーカー…プリント・文献等の重要部分を目立たせる。一色あれば十分か。
・黒マーカー…所有物への名前の記入、そのほかシャープ・ボールペンでは書けないところに使う。
       私は油性のあの独特の匂いがだめなので匂いの少ないものを。
 
筆記具全体に求めるのは書き味のよさ、発色のよさ、持ちやすさ、細身であることですかね。

 

 そのほかの文具

 

・消しゴム…無論訂正箇所の除去に使用。紙巻はすぐぼろぼろになるのでホルダータイプが望ましい。
・修正テープ…消しゴムでは消せない修正に使用。液体タイプは乾くのに時間がかかるので不可。
・定規…15~18cm程度が望ましい。出来れば私は左利きなので左利き用か、兼用できるものを。
・はさみ…これは必要不可欠。紙の裁断、袋の開封、紐の切断など用途は色々。
     (私、はさみは右利きなんです。)
・カッター…おもに直線の裁断やはさみでは困難な箇所・モノを切るのに使う。
・のり…乾くのを待つ必要が無く、接着力に不安が無いテープのりがベストか。
・テープ…のりで兼用できればいいが、やはり持っておきたいところ。
・ホチキス…配布物の整理など欠かせない存在。
シャープペンシルの替え芯…これは絶対必要でしょう。硬度はHBでいいかな。
ポストイット…メモ代わり。緊急事項はメモしたら手帳に張ってしまう。
・付箋…文献の必要ページをわかりやすくする。紙製はすぐへたるのでプラスチック製がベストか。



…ですね。結構多いな。
全体的に求めることはシンプルで機能的、且つコンパクトであること。
毎日持ち運ぶものですから重たいのは嫌ですよね。

 

皆さんは「これが無きゃだめだ!」というマストアイテム的文具はありますか。
わたしは多すぎですね。(笑)