ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">ティーバッグでおりがみ その8 木管二種(クラリネット・オーボエ)</span>



まだまだ続く楽器シリーズ。
今回は木管二種、クラリネットオーボエです。

この二種はキィやレバーの配置がとても複雑なのでとても苦労しました。
(まあ言っても、二種類ともフルートからの派生系ですが。)

では、その成果を見ていきましょうか。(笑)



まずは「世界一難しい木管楽器」の異名を持つオーボエから。

その複雑なキィ配置の故、どこまで再現するのか悩みましたが
あまり複雑にはせずに、シンプルなこの形に落ち着きました。

その特徴的なダブルリードを表現し、クラリネットとの差異を表現しました。



で、次はクラリネットを。

こいつはオーボエからの派生系です。

下端をホーン状に広げ、クラリネットのフォルムを表現。

また、一枚リードの吹き口も再現しクラリネットっぽさを前面に出しています。


こうして木管楽器を折っていると小さな違いがそれぞれの楽器の特徴になっているので、
楽器の細部を良く見るようになりました。大変ですが面白いです。