ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">手作りpH測定紙でアジサイの傘を作る その4</span>

アジサイの傘とわたし



アジサイに佇む一人の若者。

「傘を差して佇むなんて。アジサイ鑑賞かな?」

その傘をよく見れば、そこには


「あ、アジサイの傘だ!」

どうですか。これ。


アジサイの花はよく出来ていると思います。


余った紙でカタツムリも作りました。
よくわからないと思いますが、これも見立てです、見立て。


あめあめふれふれ



傘が出来たら雨の中を傘を差して歩いてみたい。

雨待ちです。

♪あめあめふれふれ母さんが~

鼻歌を歌いながら待ちますが、なかなか雨は降ってくれず。


気づいたら日が落ちていました。ええっ、そんなんあり~!


これでは撮影が出来ないのでしょうがないからガレージで撮影します。


雨の変わりにジョウロで雨を降らします。
しかし、「如雨露」ってよく出来た名前ですね。


水を注いで、重曹を溶かします。

そして、その水を傘にかけると…


おお、微妙!(笑)
若干ですが、青っぽくなりましたね。
ただ、動画の精度が悪いのでわかりませんね。
ごめんなさい。



重曹の結果が微妙だったので、酢は直にかけたいと思います。
そのほうが反応がよさそうですし。


おお、これは反応がはっきりでましたね。
きれいにピンク色になりました。


そうそう、これこれ。
このグラデーションが出したかったんですよ。


こうして離れてみるとまさにアジサイの傘。
工作成功ですっ!


まとめ



・紫キャベツは簡単に手に入らない
・赤ジソをゆでるのは魔女の薬作りみたいだ
・赤ジソだからって赤く染まるとは限らない
アジサイ作りは案外地味
・雨は降ってほしいときに降ってくれない

写真は本物のアジサイアジサイ傘の2ショット。
似てますよね、似てますよね!?