ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">飛んでけ!ウチワフライヤー! その1</span>

飛んでけ!ウチワフライヤー!



いやぁ、すっかり梅雨も明けて暑い日が続いていますね。
場所によっては猛暑日になった所もあるそうで。
こう暑い日が続くとつい、うちわでパタパタやってしまいますよね。
ああ、涼しい。でも、自力で起こす風には限界が。
もっとうちわでスカッとする方法は無いですかね。あ、そうだ。


トラディショナルな涼を呼ぶ道具、うちわ


いやぁ、暑い、暑い。

口に出すとなおさら暑苦しくなるとわかっているのに、つい口に出してしまう。

暑いっすね~。

こういうときにはうちわで扇ぐのも風流でいいですね。




パタパタ…

うっ、うちわから送られてくる風がぬるい。もっと涼しさを。




バタバタバタバタッ!

あ、涼しい!けど、扇ぐのに力が要るから結果的に体が熱くなってる!

これじゃあ、意味が無い。くそぅ。




抜けるような青空を恨めしく思う。

キッ、と空を睨んでも太陽のまぶしさと暑さでクラクラする。

この暑さ、どうにかならないのか。もっとスカッとしたい。




うちわをじっと見つめてみる。何かいい方法は無いのか。

「とりあえず日よけにでも…」




光にすける、うちわの骨。

あれ、これ何かに似ているな…なんだっけ。あ、アレだ!


うちわで飛行機の模型を作ります


何かに似ているな~、と思ったんですけど、これに似ているんですよ。

そう、飛行機の骨組み模型です。ってわからないですよね。(むちゃくちゃな導入ですみません)

模型やっている人ならわかるのではないでしょうか。

真鍮板のエッチングパーツを使って組み立てたり、バルサ材で組み立てたり。

骨組みの直線が織り成す構造美。かっこいい。

で、これをうちわで作ろうと思うのです。

考えようによっては「うちわ」って「暑さ」のメタファーですよね。

そんなうちわで飛行機を作って、思い切りふっとばしてストレス解消!

「暑いの、暑いの、飛んで行け~っ!!」という感じです。うひひっ。

まずはうちわを用意しなければ。




…家の中を探し回って、結局3つしか見つかりませんでした。

まあ、これだけあれば十分でしょう。では早速作業開始!