ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">全力で蚊を退治しに行く その1</span>

全力で蚊を退治しに行く



いやぁ、もう8月に入りましてすっかり夏ですねぇ。
夏といえば、太陽、入道雲、そして…蚊ですよ。
ただでさえ暑くてムシムシしていらいらするのに、あいつらときたら…
耳元で「プ~ン」と羽音を立てて近づいてくる。
あの音がまず許せない。いやだなぁ、耳につくんだよ。
で、「どこ行ったんだ!」と探しているといつの間にか刺されている…
もう、痒くてたまらん!イライライライラ…
で、もう頭にきたので全力で退治してやろうと思ったのですよ。


イライラしちゃうなぁ

蚊ってやつはほんとに神出鬼没でして、どこにでも現れるんですよ。
それがたとえ締め切った部屋の中だとしても。



ある日、パソコンで作業をしていると、またやつらが出現。
「プ~ン、プ~ン…」
でた、あの耳障りな羽音!どこにいるんだ!




「プ~ン、プ~ン…」
おっかしいなぁ、この部屋蚊取り線香炊いてあるはずなのに…
「プ~ン…チクッ。」
うわぁ、刺されたぁ!もぉぉぉぉ!イライラする!!!




サッ、と取り出しましたのは殺虫剤。
こいつで一網打尽にしてやる!




狙いを定めて、「ブシュー!!」

「プ~ン…」

おお、やった!しとめた!…




ふと殺虫剤に目をやる。
「これがあの、トリガーノズルかぁ。ん、トリガー…」

ここでね、また無駄な発想をひらめいてしまったのですよ。


殺虫剤バズーカ化計画

「トリガーがあるなら、バズーカみたいに出来ないかなぁ。」
そう、でっかいバズーカを作って蚊を一発でしとめてやろうと思ったんです。
これがあれば、どんな蚊が襲ってきても怖くないですね。
むしろかかって来い、みたいな。

では、早速設計図を書いて見ます。ま、適当ですが。




だいたいイメージはこんな感じです。

うわ、ほんと大雑把。
ま、バズーカらしくするために砲身を何かで作って、
その中に噴射口をセットすればいいのかと。

問題はどうやってトリガーを引くのかということ。

まさか、筒の中に手を入れるわけには行かないし…

どうしようかなぁ。


色々工夫してみた



とりあえず、トリガーに何かを引っ掛けて連動させることにしました。

ただ、そのままだと滑ってしまうのでガムテープでストッパーをつけました。




で、ハンガーで作ったレバーを引っ掛けて…

「くっ、硬い…しかも上手く連動しない…。」

てこの原理か何のかは知りませんが、凄く力が要ります。

しかもすぐに外れるし…。トリガー自体を引くのは難しいのか…。

どうやら、横方向に引っ張るのには凄い力が要るみたいです。

「どうしよう…。横がだめなら縦方向…?」




というわけで縦方向に連動させるようにしました。

噴射口にストッパーをつけて、レバーをかませてと…




本体にストローを貼り付けてその中に針金を通し、固定しました。

これでどうだ…とりあえずレバーを押してみます。


おっ、上手く連動しましたね!地味に嬉しい!

これでバズーカの仕組みの8割は完成しました。あとは見た目だけです。