ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">チョコバナナメソッドでアレを試す その3</span>

こんなのできましたけど~

待つこと1時間、チョコレートも固まったので食べてみることにします。

せっかくだし、今日は天気も良いので外で試食してみることにします。

では、その浮かれ具合をどうぞ。




ばーん!どうですか。この浮かれ具合。
カラースプレーが良い味出しています。魅力的ですね。




詳しく説明すると、

奥から
・りんごあめ
・チョコバナナ




左から
・おでん
・たこ焼き
・フランクフルト
・アメリカンドック

です。チョコをかけると何でもうまそうに見えますね。
ま、もともとの食材もうまいんですけど。




「わーい、私の妄想が現実のものに!」
早速浮かれていますが、大丈夫でしょうか、私。
あ、服装はチョコバナナに敬意を表して黄色にしました。
では、早速試食していきましょうか。
(お面の画像はこちらを使用しました。)

では、レビュー行きます。




チョコバナナ

・手堅い美味しさ。バナナの香りとチョコが絶妙にマッチ。
・まろやかでうまい。ねっとり感も旨さのうち。

美味しさ☆☆☆☆
浮かれ☆☆☆☆☆




定番の美味しさ。やっぱりこれだよね。




りんごあめ
・あめがカリカリしていて旨い。食感も良い。
・りんごの酸味とチョコの甘みのハーモニーが絶妙。

美味しさ☆☆☆☆☆
浮かれ☆☆☆☆




これはチョコバナナ越えか。かなり旨いぞ。




たこ焼き

・たこ焼きとチョコがなじまない。それぞれが旨い。
・しょうがの辛味がチョコによって引き立てられたのか、強く感じた。

美味しさ☆☆☆
浮かれ☆☆☆




互いに浮かれすぎている。やはり王者クラスは強い。




アメリカンドック

・アメリカンな味。パワーフードっぽい。すでにありそう。
・皮がドーナツ生地のようであり、チョコと合う。

美味しさ☆☆☆☆
浮かれ☆☆☆☆☆




アメリカンな見た目と味付け。外人受けしそうではある。




フランクフルト

・なんか高級な味がする。フレンチっぽいと言ったら失礼か。
・もう少しチョコレートをビターにしたらこれは売れる。

美味しさ☆☆☆
浮かれ☆☆☆




ありそうな気がするが、こんな味は食べたことない。




おでん
・こんにゃくが新感覚スイーツっぽい。大根と練り物はチョコに合わない。
・魚介系のだしのせいなのか、浜辺でチョコを食べている気になった。

美味しさ☆☆
浮かれ☆☆☆




全部がばらばら。よくわからない味に。


すべて食べてみましたが、どれもそれなりに美味しかったのが意外でした。
ま、「まず~、おえ~。」よりは数段良い結果ですしね。
オチはなくなりましたが、これでよかったのかな…?

個人的には、りんごあめとアメリカンドックがお勧めです。旨いよ。

まとめ



・チョコバナナは究極の浮かれフードだ。
・浮かれ食材を調理していると文化祭を思いだす。
・チョコの懐の深さは素晴らしい。どの食材にも合う。
・カラースプレーが浮かれの素か。どんなものでも華やかに。
・が、やっぱり串に刺して片手でもつってのも大きいんだろうなぁ。

どれも総じて旨かったです。りんごあめバージョンは家族にもあとで振舞いました。

写真は、撮影失敗風景。浮かれすぎて、こんな写真に。ま、こういうこともあるよね。