ヒビノココロミ

日々、いろいろ試して、いろいろ言うブログ。



<span itemprop="headline">秋のときめき。</span>

皆さんこんにちは。

いやぁ、実は今日の朝から母と少しもめていまして…

まぁ、それは些細な切っ掛けだったのですがその理由をお話します。

それは今日の朝。

いつも通り出かけようとすると母が、「今日の夕ご飯どうしようか?秋刀魚とかは?」と言いました。

「ああ、秋刀魚なんか良いよね。秋だし。あ、それだけ?」と私。

「あ、それとシチューね。秋刀魚とシチュー、良いでしょ?」と母。

耳を疑う私。「うぇっ!?焼き魚とシチューですか!?」

「うん、そうだよ。なんかへん?」

「ちょ、ちょっと。洋食と和食じゃん。無いよ。」

「だって、シチューに鮭とか入れるじゃん。」

「でも、秋刀魚入れるのは無いでしょ?だいいち、そういう話じゃないし。
おろしポン酢とシチューは絶対あわない。」

「なによ!じゃぁ、食べないで良いよ。」

「同じ具ならせめて肉じゃがにしといて~。」


…夕ご飯は秋刀魚の塩焼きと肉じゃがになりました。おいしかったですよ。


さて、夕ご飯はどうするのかでもめたところで今日の商品です。


東洋水産の「四季物語 秋のときめき」です。

はい、もうおなじみの「四季物語」シリーズ。春、夏ときて今度は秋です。

今までもこのブログで取り上げましたよね~。(それがこちら→ 

一体、秋バージョンはどんなお味なのでしょうか。気になる。




「北海道産秋鮭の焼ほぐし身。魚介だしを利かせた旨味醤油味。」

おお、そうか。秋は鮭というわけですか。なるほどね~。

(ちょっと冒頭と話題被った)

今までは塩ベースだったのですが、今回は醤油みたいです。




では、頂きます。

ずるずるずる…

「おお、鮭うまいぞ。」

具はフリーズドライだからか、かなり再現度が高いです。

鮭はお茶漬けの具とかにはいっているヤツよりふっくら柔らかです。

もちろん、野菜もいつもどうりのシャキシャキ感。ねぎとキャベツ入り。

そして、もみじ型のかまぼこが彩りをそえます。見た目も大事。

スープは思ったよりあっさりしているので飲みやすいです。お澄ましの濃いヤツみたい。




さあ、いよいよ残すところは冬のみ。コンプリートしよう。