読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビノココロミ

日々、いろいろ試して、いろいろ言うブログ。

MENU

<span itemprop="headline">2010年総集編 9~11月</span>

よみもの記事

2010年総集編 9~11月

今年の3月1日に始まったこのブログ。
私、塩せんべいが何の気なしにはじめたものでしたが、
皆様の暖かいコメントに支えられて何とかここまでやってこれました。
そこで皆様への感謝の気持ちとして、今回から3回にわたって
2010年のこのブログを振り返りたいと思います。
最後は、9~11月までです。

パーティー気分で

塩せんべい(以下、塩):いよいよラストですよ、今年の総集編。
とんぼさん(以下、とんぼ):そうですね。やっとここまできた。
塩:なーんか、妙に長く感じるのはなぜ?
とんぼ:それは無駄話が多いから。
とんぼ:とくにあなた。
塩:あ、おれのせい。
とんぼ:そう。自覚なかった?
塩:うん。
とんぼ:まあ、良いです。にぎやかなのは良いこと。
塩:年末だからパーッと行きましょう!パーッと。
とんぼ:宴会部長みたいな煽りね~。
塩:そうそう。もう、パーティ気分でいきましょう!
とんぼ:飲み食いしながら。
塩:腹おどりしながら。
とんぼ:それはしなくて良いのよ。
とんぼ:しっかし、このシーズンは企画数少ないね。
塩:みっつしかない。
とんぼ:5月と同じだ。
とんぼ:ほら、やっぱりペース配分できてない。
塩:ごめん、忙しかったから。でも、その文1つ1つの記事の内容は濃いから。
とんぼ:まあ、確かに。このシーズンは記事の書き方も変わっているね。
塩:9月は旅番組っぽく、11月は唐突に小説風。
とんぼ:いろんな表現方法を模索したの?
塩:ま、そんな感じ。
とんぼ:これぞ「ヒビノココロミ」ってこと?
塩:実をいうと、それぞれそれなりに理由があるんです。カメラ壊れたりとか。
とんぼ:あなたは良くも悪くも正直ねー。
とんぼ:じゃあ、そこらへんの理由も聞きながら総集編行きますか。

福島はスケールでかい

 

 
塩:まずは、「福島旅行記~どこを撮っても素材集~」。
とんぼ:このサブタイトルは何?
塩:いや、福島の景色が綺麗だったから、なんとなく。
とんぼ:はじめのほうの写真、これ、湖か。海かとおもった。
塩:もう、何度も猪苗代湖に行っているけど、やっぱりここは大きすぎる。
とんぼ:だって向こう岸が見えない。
塩:あぶくま洞もそうだけど、福島はスケールでかいね。
とんぼ:自然の偉大さに感動。
塩:でも、ちゃんとご飯も食べてるよ。
とんぼ:やっぱり、食べ物は人気あるから。書かないと。
塩:ここのおそば美味しかったな~。
とんぼ:こういう、いかにも観光地の定食ってのも良いね。
塩:少しぐらいお値段が高くてもぜんぜん許せちゃう。
とんぼ:ザ・旅行マジック。
塩:でさ、ここでもうちの父の凄さが出でいて。
とんぼ:ああ、コレね。大内宿に向かう道中のこと?
塩:カーナビ意味あんのかって言う話。
とんぼ:でも、ついちゃうからすごい。動物的勘が鋭い?
塩:私はものすごい方向音痴なのにねー。
とんぼ:そうなの?
塩:建物入って、そこのトイレ借りると、トイレから出たときにどっちから来たのかわからない。
とんぼ:!?えっ、ほんと?大丈夫?
塩:何とか。どうにかしている。
とんぼ:毎日家に帰ってこれているのが奇跡だね。

都会は変な人に優しい?

 

 
塩:んで、10月の記事は「中央・総武線おにぎり」ですわ。
とんぼ:これ、よかったね。タイトルだけじゃ意味わからないけど。
塩:ほんと。しかも関東ローカルネタだし。
とんぼ:しっかし、あんたってほんと食べるの好きね。電車がおにぎりに見えるって。
塩:そうかなー。自分ではそんなに食い意地張ってないつもりだけどなー。
とんぼ:ふつうは電車はおにぎりに見えないって。
塩:私、食細いですよ。
とんぼ:でも、食べる回数多いじゃん。
塩:じゃあ、1日トータルで見れば大食漢?
とんぼ:じゃない?
塩:そうかー。でも、探してみるとおにぎりみたいな電車がたくさんあるのね。
とんぼ:ほんと。新しい電車は曲線が多いから余計そう見える。
塩:あと、白いから。
とんぼ:それも大きい。全部で4つですか。おにぎり電車は。
塩:電車おにぎり、ね。
とんぼ:細かい。やっぱりこだわりあるの?
塩:そりゃ、作者ですから。
とんぼ:そう。で、このおにぎりもって実際の電車に会いに行くと。
塩:ご本人さん登場でーす、みたいな。
とんぼ:こういう時東京って便利だっておもう。いろんな路線が集まってる。
塩:ほんと。あと、都会の人は変なことしていても無視してくれるし。
とんぼ:みんな忙しいからね。ホームでおにぎりかじっている人には目もくれない。
塩:そんな裸の大将みたいな人には興味ない。
とんぼ:都会は変人にやさしいってことですな。
とんぼ:優しいつうか、興味ないのか。
塩:そうね。でも、そのおかげで企画は順調に進みます。途中までは。
とんぼ:ああ、京葉線の事件ね。
塩:そう。あそこまでうまくいっていたのに。
とんぼ:すべては京葉線のホームの遠さが原因かと。
塩:どうにかならんかなー、あれ。
とんぼ:ま、二度とこういうことはないでしょうけど、毎日通勤する人のためにも、
塩:是非改善してください、JRさん。
とんぼ:そのかわり、電車おにぎりを提案しますから。

来年は作家デビュー?

 

(画像は本文とは関係ないです)
 
塩:で、今年最後の企画は「晩秋の文房具屋めぐり」です。
とんぼ:これ、今までの記事を読んでいる人はびっくりしたでしょうね。
塩:でしょうね。「あ、面白企画じゃない!」って。
とんぼ:いつもふざけているやつが急に真面目に。
塩:いや、これには理由がありまして。
とんぼ:カメラ壊れたんでしょ?
塩:そう。だから、写真なしでいける企画ってことでこれに。
とんぼ:夕飯あとに一気に書き上げたという。
塩:焼きそばの余韻を感じつつ。
とんぼ:その日の夕飯、焼きそばだっけ?
塩:おぼえてませーん。
とんぼ:そうだよね。覚えてたらすごい。
塩:この記事は、ほぼノンフィクションですよ。
とんぼ:実際あったことなのね。お店も実在します。
塩:関東にお住まいの方で暇な方は探してみてください。良い店ですから。
とんぼ:そうなのか。しっかし、ほんとにあんたは文房具好きね。
塩:そこらへんもルーツも、記事を読むとちょっとわかるかも。
とんぼ:つぎは折り紙が良いな~。
塩:あらら、そしたらまたカンヅメですか。
とんぼ:「先生~、原稿取りに来ました~。」
塩:「!?もう少し待ってくれ!あと2時間!」
とんぼ:「またですか~。先生。」
塩:日曜6時半のあのアニメのようなやり取りで。
とんぼ:あんなほのぼのした感じなんですかね?ほんとはどうなんでしょう?
塩:いまはメールとかで送るんじゃない?
とんぼ:そうなのかー。
塩:さて、長々とやってきましたが、
とんぼ:コレで2010年の記事はすべて振り返りましたね!
塩:長かったようで案外短い。
とんぼ:来年の意気込みとかある?
塩:特にないけど、ま、いつもどおりやっていきますわ。
とんぼ:そうですか。じゃあ、また来年もくだらない企画目白押しで。
塩:そうですね。あ、小説風の記事は増えるかも。
とんぼ:ま、頑張ってくださいな。
塩:はい。
とんぼ:じゃあ、今年はこの辺で。
塩:さよなら~。良いお年を。
とんぼ:さよなら~。