読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビノココロミ

日々、いろいろ試して、いろいろ言うブログ。

MENU

<span itemprop="headline">はやぶさになって俊足になる その2</span>

よみもの記事

超低予算で進められる機密プロジェクト


さて、早速製作に取り掛かるわけですが、例によって予算が無いわけでして、
今回も超ローテクの超低予算で製作を進めることにします。

はやぶさ」を作るにあたって用意した材料はこちら。
新聞と、ボール紙です。あ、あと写ってないどガムテープも使いました。
ちなみに、これらはもともと家にあったものなのでタダです。すごい、すごい。
本物のはやぶさは何億円もかけて作っているのに、こちらはなんとタダ。
己の工作テクを駆使すれば、不可能は無いのだ~、って言いすぎですか。
んでですね、どうやって作っていくのかというと、「はりこ」で作っていきます。
ええとですね、まあ、新聞とかをぺたぺた貼って作る中が空っぽのアレですわ。

詳しい作り方は、まずボール紙を適当な幅の細長い形に切って、
それをたくさん作ります。
いくら必要なのかわからないのでとにかくたくさん作ります。
幅は適当でOKです。どうせ見えなくなっちゃうので。


そしたら、それをホチキスでとめて、わっかをたくさん作ります。

そしたら、そのわっかを細長いボール紙でつなげて、骨組みを作ります。
そうです、ボール紙ではやぶさの骨組みを作っていくのですよ。
これ、結構重要な作業です。これで「はやぶさ」の形が決まるんですから。

でもね、これが超難しい。先頭車両なんて、ほぼ曲面ですから。
ああだこうだ言いながら、先頭車両の骨組みを仕上げていきます。

でも、言っても素材がボール紙なので、修正がすぐききます。

長すぎたら、適当に切って、短かったら足して。
んで、ホチキスでとめる。簡単。
でも、ちょっとのズレが全体に響くので、結構気を使いますよ。

んで、試行錯誤した結果がこちら。
おお、結構それっぽい。か?

なーんか、横から見るとそれっぽいのかも。
これ、ベストアングル。
まあ、いろいろ言いたいことはあるのですが、これで良しとします。
じゃないと、終わんないからね。妥協は大事よ。

徐々に飽きてきます


そしたら、新聞紙とガムテープを駆使して骨組みに貼っていきます。

裏側からガムテープを張って、その上に新聞紙をつけて。
でも、これがちょうめんどくさい。

途中からは飽きてきちゃって、ガムテープだけで対応。
でも、それも飽きてきてちょう適当に。
しかも、運の悪いことに、途中で布のガムテープを切らしてしまって、
紙のガムテープに切り替えたのですが、紙のガムテープだと上から重
ね貼りができないことに気づく。
重ね貼りができないのはきつい。これじゃあ隙間がうめらんない。
ああ、めんどくさ。やめちゃおうか。
でも、一度決めたことは最後までやり通すのが男ってもんだ。
とか言いながら、惰性で製作を進めて何とか完成させました。

技術者の皆様ごめんなさい

はぁい、何とか形にしました、「はやぶさ」のきぐるみ。
では、お披露目です。皆さん、カメラを構えて。

ごめんなさい、許してください。ああ、「はやぶさ」に関わったすべての人に謝りたい。
あの材料と、私の技術ではこれが精一杯でした。
ゴミとかいわないでください。本人は頑張りましたから。

ああ、横から見るとさらにだめっぽいですね。
ガムテ+新聞紙がさらにゴミっぽさに拍車をかけてます。
色を塗るとそれっぽいんでしょうけど、めんどくさいからやめました。
メタリックカラーの塗料は結構お高いしね。
でもまあ、ようはあのフォルムが手に入ればよいわけで…
形だけでも手に入ったからこれで良しとします。します。させて下さい。

とりあえず、装着してみます。これを被ってと、ってあれ?
そうか、ただ被るだけとこうなるのか。何だこのフォーム。
空気抵抗を減らそうとして先頭車両を水平にすると、前かがみになるのか。
作る前に気づけよ、自分。これ、絶対走るの速くならない。これはひどい
でも、作っちゃったんで、もうこれで行くしかないんです。