ヒビノココロミ

日々、いろいろ試して、いろいろ言うブログ。



<span itemprop="headline">マウンテンデューでマウンテン竜を作る その4</span>

だじゃれをついに具現化。これが「マウンテン竜」だ!



はい、完成しました!どうですか。
だじゃれ発の思いつきの企画にしては結構良い出来ですよね。



よく分からないんですけど、一応東洋の竜のイメージですね。
ほら、一応片手に玉を持っていますよ。意味はないのですが。



細かいところにぐっとよっていくと、マウンテンデューの面影が。



ああ、顔のところの印刷をもっと考えてから裁断すればよかったですね。
ここは反省点。ま、次がないので次回に生かせませんが。やりませんよ。



ああ、できた。駄洒落が具現化した。ぼくまんぞく。
でも、せっかくなのでもうちょっとこいつで遊びます。

マウンテン竜のおでかけ



今日はマウンテン竜君とお出かけ。が、外は風が強い。



竜「花がきれいですリュー」
私「君、緑色だからあまり目立ってないぞ」



そのとき、強風が

竜「リュー!!」
私「あっ」
ネットに絡まる竜。これはゴミだ。

竜「これじゃとばされてしまいますリュー」
私「なんだ、その語尾は。じゃあ、腕につかまる?」
竜「そうするリュー」



こういう腕飾り、下北沢の雑貨屋とかにあるのかな。
竜「こんなゴミは売ってないリュー」
自らゴミ宣言するマウンテン竜。



近所の人に見つからないよう、そわそわしながら散歩。
私「あ、自販機だ」
竜「のどが渇いたですリュー」



私「やっぱり、飲むのは…」
竜「マウンテンリュー!」

私「じゃなくて、マウンテンデュー、ね。」



自分のふるさとを見つけて喜ぶマウンテン竜。

竜「はやく飲むリュー」
私「じゃあ、そこらでのもうか」



佇む私と、マウンテン竜。

竜「かっこつけてないで早く飲むリュー」
私「つけてないよ。じゃあ飲もう。」

ガシュッ。しゅわぁ



竜「おお、早く飲ませろ!」
私「おい、語尾、語尾!」

ごくごく。勢いよく飲むマウンテン竜。



竜「あ、ぼくの味がする。」
私「そりゃそうだ。」

まとめ


・思いつきのだじゃれでもカタチにできる
・どんなにくだらない企画でも設計図は大事
・アルミ缶の加工は案外簡単
・この年になってお人形遊びはきつい

はい、いかがでしたでしょうか。だじゃれありきの企画。
思い付きでしたが、案外うまくいきましたね。
みなさんも、だじゃれを思いついたら形にするのもありですよ。
ただ、場合によってはお人形遊びをすることになるかもしれませんが。
あ、あと、人形とかって、情が移って捨てにくいですね。どうしよう。

おまけ




この企画をよんで、「おれもマウンテン竜つくりたい」という
変わった方がいらっしゃいましたら、ここに型紙を置いておきます。
たくさん仲間を作ってみてください。で、かわいがってください。捨てないでね。