読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビノココロミ

日々、いろいろ試して、いろいろ言うブログ。

MENU

<span itemprop="headline">文房具ハック 意外なものがあの文具の代用品に! ピンチを乗り切る3つの技! その2</span>

2,今度は鉛筆が無くなった!そんな時でも昼食に欠かせないアレがあなたを救う!


さて、パンが消しゴムの代わりになるテクニックはいかがだったろうか。
これでいつでも消し放題!と安心しているそこのあなた、甘い。

優秀なビジネスマンはあらゆるシーンを想像できなければならない。
消す方は心配なくなったが、今度は「書く」方の心配をしなければならない。

鉛筆は信頼性の高い筆記具と言われている。どんな向きの筆記にも対応でき、
(ボールペンは上向きに書くと空気が入って書けなくことがあるので上向き
の筆記はおすすめできない)また、気温の変化にも柔軟に対応する。
要は、芯があれば書けるのでそこに鉛筆が存在すれば書くことができるのである。

しかし、鉛筆は削らなければならない。そこで現在ではシャープペンシルや芯ホルダー
などの便利な文具が登場している。好きな太さの鉛筆の芯を手軽に使えるのである。

さて、鉛筆やシャープペンシルの利点を語ってきたわけだが、さすがにそれらの筆記具も
そこに存在しなければ書くことはできない。芯がないと書けないのである。


なにを当たり前のことを、とお思いだろうが実際そのようなピンチに出会した方も多いはずだ。
お気に入りの芯ホルダーの芯が肝心なときにない!これはかなり痛い。

そこで、2つ目のテクニック。ある身近なものが芯ホルダーの芯の代わりになる。
それは先の昼食の中にある。ヒントは日本人なら絶対に使ったことがあるものだ。


そう、それは割り箸である。ただし、今回使うのは割り箸の方ではない。
その袋にたいてい一緒に入ってる「つまようじ」である。


上の画像を見てほしい。これは、芯ホルダーの芯とつまようじをならべたものである。
驚くべきことに、なんと2ミリの芯と爪楊枝はほぼ同じ太さなのである。

爪楊枝は、どのメーカーのものでも大抵太さは同じなので2ミリの芯ホルダーなら
適合する。これは嬉しい。

しかし、このままでは文字は書けない。ただ紙をひっかくだけである。
そこで何をするのかというと、爪楊枝に「焼き」を入れるのである。

やり方は簡単。つまようじを燃やして炭化させるのである。

ここで、鉛筆の芯の話に戻る。読者の皆さんは鉛筆の芯がいったい何から出来ているか
知っているだろうか。鉛筆と聞いて、「鉛」が使われているのでは?と思う方もいるだ
ろう。しかし、それは大きな間違い。じつは、黒鉛と粘土で出来ているのである。
黒鉛は平たく言えば炭のことなので、要は炭があれば文字を書くことができるのである。

じっさい、画材屋を覗いてみればデッサン用の木炭が売っているし、美術を少し
かじっていれば納得することだと思う。


話を戻そう。爪楊枝を燃やして炭にするには、トースター等でやるのが手っ取り早い。
別に、給湯室のガスコンロなどで燃やしても構わないし、最悪ライターで燃やしてもいい。
ただし、火事には十分注意しよう。
火災報知器を鳴らすなんてことは絶対にあってはならない(笑)


そうして炭化させたつまようじをあとは芯ホルダーのチャックで固定するだけ。
太さはどのつまようじも2ミリ前後なので安心して使える。




さすがにただの炭なので、粘土が含まれている鉛筆の芯とは強度が違うが、
緊急用としての性能は十分である。発色も良い。

ここで、おまけのテクニック。つまようじは何も燃やさなくても文具として十分使える。
それは、スタイラスペンの代わりとしてとして使うというものである。
スタイラスペンは、市販のものを買うと1000円ぐらいするが、爪楊枝ならただ同然。
なにも買い足さなくても、芯ホルダーにセットするだけでスタイラスペンの代わりになるのである。
(ただし、感圧タイプに限る)

普段つまようじを使わない人も、とっておいて損はない。

3,ブレイクタイムの定番のアレが落ち着いた色合いの万年筆のインクの代わりに!


さて、ここまで読み進めて「そもそも鉛筆など使わない、私は万年筆派だ」という方もいるだろう。
たしかに、万年筆は社会人として1本は持っておきたい定番アイテムである。

万年筆を見ればその人がわかる、というぐらい重要なアイテムである。

しかし、どんなに高価な万年筆でも、インクがないと使いものにならないことは
懸命な読者の皆さんならお気づきであろう。

しかし、インク切れピンチはいつ襲ってくるかはわからない。
署名をするときにお気に入りの万年筆のインクがない!ということもありうる。
インクを買いに行く暇もないし、どうしたら良いのか。


もし、その商談のテーブルにコーヒーがあるならしめたものだ。
あなたがやるべき事は、即座に秘書に給湯室の場所を聞くことである。

運良く給湯室の場所が聞けたら、あなたは一目散にそこへ向かい、
あるものを探そう。読者の皆さんならもうおわかりだと思う。

そう、インスタントコーヒーだ。


やり方は簡単。インスタントコーヒーを思い切り濃い目につくるだけ。
あとはそれをインクの代わりとして万年筆にセットするだけだ。



今回はたまたま手元にあったのがカートリッジ式だったのでスポイトで
インクを入れる手間がかかったが、吸入式ならコップにそのまま突っ込めば良い。


では、肝心の書き味はどうかというと、なんの問題もなく書くことができた。
発色も上品な色合いで、むしろ高級なインクの様に見える。

じつは、このテクニックにはもうひとつの効果がある。
それは、コーヒーの香りのリラックス効果だ。

コーヒーの芳醇な香りが、緊張したあなたをリラックスさせ、あなたはいつもどおりの
コンディションで最高のパフォーマンスができ、その商談は成功するだろう。




いかがだったろうか。身近なものがまさかあの文具の代わりになるとは、と驚かれた方も多いと思う。
このテクニックさえ覚えておけば、あなたのビジネスライフは大きく変わるはずである。
平凡なあなたの昼食があなたのピンチを救う。覚えておいて損はない。




…はあ、疲れた。この「~ハック」っぽい文体はなんか疲れますね。偉そうだし。
この記事は、「文房具であれ出来そうだけど、ほんとに出来るのか…?」と
一つでは記事にならないようなネタを、ここでまとめてやってみたものです。
もちろん私はこんなことは本気で思っていないし、絶対に真似しないでください。
特にお気に入りの文具ならなおさらです。絶対に悪影響が出ますから。
少なくとも、この記事に有用なところはないと思うんで、
本当に賢明な読者の皆さんなら真似しないで下さい。お願いします。
仮にこの記事を参考にして悪影響が出たりしても私は一切責任を取りません。
「ばかじゃねー、ありえんわー」と笑い飛ばすのがこの記事の正しい読み方です。
あ、パンのところは役に立つかも。ただし木炭画ぐらいですが。

あ、あ、でもでも、この記事に出てきたスーパーマルチ8とプレピーは良い文具ですので
お手元にぜひ。それこそ仕事に勉強に役立ちますから。