読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビノココロミ

日々、いろいろ試して、いろいろ言うブログ。

MENU

<span itemprop="headline">よくみるとちがう -製図用シャープペンシル編-</span>

同じ文房具でも、よく見ると微妙に違う。そんなマニアックな情報をあなたに。
文具に興味のある方はもちろん、そうでない方も間違い探し気分でどーぞ。
ああ、ちなみに今回の問題は芯径の違いは無視してください。もっと細かいところが違います。



ひとつめ。ステッドラーの925-25。さてどこが違うでしょーか。これは簡単。



答え:ロゴのプリントが違う。四角に1000と値段表記がある方が古い型です。たぶん。



ふたつめ。PILOTのS3。さて、どこが違う?これも分かりやすい。あ、色の違いは無視して。





答え:ノック、口金の形状が違う。ノックのキャップのようなパーツが無い方がすっきりしてますね。



みっつめ。ちょっとレベルアップ。PILOTのH-108*。廃番ですね。さてどこが違う?



答え:ノックが違う。芯径表示の有無です。どちらが好きかはお好みで。



さいごにこれ。ぺんてるのグラフギア1000です。さて、何が違う?



答え:クリップの付き方が違う。.3.5は板バネのような形で、.4.9はビスで止まってますね。


まあ、地味な違いなんですけど、見比べると面白いですね。結局はコストダウンってこと?