読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビノココロミ

日々、いろいろ試して、いろいろ言うブログ。

MENU

番外編 筆箱選びの愉しさと苦悩 缶ペンケース 改造編

どうも、またしても缶ペンの話です。
いや、予定にはなかったんですけど、「缶ペンの仕切りの作り方が知りたいです!」という方がいたので今日はそれについて書こうかと思います。
ねー、予想外ですよ。あんなマニアックな記事の詳細が知りたいなんて。
じゃあ、だらだらと書いておきますので参考にしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕切りの材料はゴムシートを使います。
私はハンズにあったこれを使いました。(TOYO INK DF-2400CH)
大きさは今手元に無いので忘れましたが、一枚あれば十分足ります。案外安いのでぜひ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは筆箱の中に収納したい文具を入れてみて配置を決めます。
きっちり詰めると取り出しにくいのである程度アソビを取ったがいいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
配置が決まったらゴムシートを切り出します。
決めた寸法きっちりに切り出すと、微調整が効かなくなって材料が無駄になった!なんてことがあるので余裕を持たせて切り出しましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
角のアールがぴったり合わないと気持ち悪いのでそこはぜひ慎重に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴムシートを直にはりつけるのもいいですが、適当な台紙に貼りつけてからそこにはめると靴の中敷のように取り外しができて掃除ができます。
他の仕切りと入れ替えて、シーンに合わせて使い分けるなんてことも出来ますよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
底にシートを貼ったら仕切りを作ります。
スチロール板を適当な長さに切り出して仕切りの芯とします。厚みは5ミリぐらいですかね?
ハレパネを使うと、後で底のシートにはるときに両面テープを貼る手間が省けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしたらそのスチロール板にシートを張り付けます。
両端の処理を綺麗にやりましょう。後々絶対気になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕切りが出来たら実際に入れたい文具を置いて位置を確認しながら貼り付けます。
貼り直しは効かないと思ってください。一応出来ますけど、シートの表面がえぐれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぜーんぶ貼り終えるとこんな感じです。きっちりやると気持ちがいいですよ。
少しでも隙間があると気になります。隙間にケシカスが入ると思うと…わー!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実際に文具を入れてみたところ。きっちり入ると気持ちいいですね。
もちろん、文具の保護になりますよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全部貼ってみました。
色々レイアウトを考えて、筆箱を組み立てるのは楽しいですよ。
セミオーダーみたいな気分です。いや、自分でつくるからDIYか。
 
 
おまけ:先の筆箱3代目の仕切りの作り方です。寸法は適宜どうぞ。