ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">ああ、「和洋折衷」的な?</span>

皆さんこんにちは。
そろそろ口角がふとした瞬間に切れそうな具合に空気が乾燥してきましたね。
あれ、嫌ですね。あくびとかするとビリッ!うぎゃ!ってなるんですよね。
まあ、たぶん食生活も大きく関係してくるんでしょうが、唇や口角が切れるのは痛いのです。
って、まあ私はそういう経験がほぼないんですけどね。あれは痛そうだ。



さて、今日の商品はこちらですよ。






















コカコーラの「ジョージアクロス 和‐STYLE」です。
ええ?ソレはなんぞや?という方のために、「宇治抹茶入りコーヒー」と書いてあります。























「えー、コーヒーとお茶混ぜちゃったの?まあ、また冗談を」とお思いでしょうが、どうやらそのとおりの製品のようです。あ、何やら生クリームまで入っているようですね。すごいぞ。























「なめらかに深く、ほろ苦くやさしい味わい、繊細で複雑な美味しさ」とあります。
えー、いろんな事言ってますけど、どういうことでしょうか。一言じゃ言い表せない味なんでしょうね。























では、飲んでみましょうか。
飲み口に鼻を近づけると、抹茶の香りのほうを強く感じます。うー、これは体験したこと無いぞ。
で、飲んでみると味わいとしてはコーヒーと抹茶が半々ぐらいの強さで来ます。
そして、生クリームはその両者の仲をうまく取り持つでも無く、ただ傍観しています。
でもこれ、わー、なにこれーうえー、とまではいかない味なんですよ。むしろ癖になりそうな。
なんちゅうか、この味はどう言えばいいのか…
あー、これねーファミレスのドリンクバーで遊んで作った特製ドリンクの味ですよ。そうですよ。
ま、香港にはコーヒ+紅茶+ミルクの鴛鴦茶(えんおうちゃ)なんてのもあるんで、ナシって組み合わせではなさそうですよ。