ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



製図用シャーペンいろいろ ぺんてる編 その1

製図用シャーペンいろいろ ぺんてる編 その1



いままでいろんな製図用シャープペンシルを紹介してきましたが、今回からいよいよぺんてる編です。



はじめに、グラフギア500。名前の通り500円ですよ。見た目からして実用的な感じ。



先端はがくっと細くなって視界良好。しっかりとしたローレットで低重心に。



で、こちらはその上位製品のグラフギア1000。そう、1000円です。



王蟲みたいなグリップ。怒ってる?



王蟲の大群、では無くグラフギア1000はダブルノックなのでガイドパイプが収納できます。



ロゴは似てますね。そういえば、ぺんてるの製図用のロゴはカラフルです。ロゴ以外も。



500のノックはグラフシリーズと共用かな?1000はしっかりとした金属のノックです。
1000は、なんとなくアール・ヌーヴォーです。ごめん、適当いいました。



続いてグラフレット。手前の色が違うのは300、その他は普通のグラフレットです。
グラフレットは500円、300は300円です。ヤスイヨ!



グラフレット300とグラフレットの大きな違いは、グリップです。
金属パーツがない分、コストダウンてことですかね。



グラフレッのロゴ。あー、ぺんてるフォントとか欲しいですねー。
まあ、欲しいのは私だけでしょうが。



今回の締めは、つい最近限定版として復刻したP300・P320 シリーズ。
多面体の軸が握りやすく、安価でおすすめできる製品です。(300円)



先端はシンプルながらも、製図用の基本を抑えた形。
このシリーズは限定と言わずに、もっとカラバリ増やしてパイロットのSシリーズみたいに売りだせばいいのにー。

ぺんてるシリーズ全体を通して言えるのが、とにかくバリエーションが多いこと。
そして、カラフルで個性的なことです。まー、カラフルといっても工具とかの感じですが。でも好きよ、ぺんてる

ぺんてるの製品はもちろんまだまだた~くさんあるので次回以降に。
次回は違うメーカーの挟んで、ちょっと休憩しましょう。