ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



製図用シャーペンいろいろ ぺんてる編 その2

製図用シャーペンいろいろ ぺんてる編 その2



さあさあ、ぺんてる編に戻りますよ。まずはニューフェイス、グラフ600から。



最近になってグラフシリーズに新しい仲間が誕生しました、それがグラフ600です。
まあ、グラフ1000の廉価版といったところですかねー。あ、ちなみに600円ですよ。



軸はカラフルな5色展開だそうです。部品はグラフギア500と共通ですかねー。



でも、ノックはグラフ1000と同じです。ああ、先金もおんなじです。
頭としっぽはグラフ1000、体はグラフギア500、で、グリップで個性を出すということですねー。



グラフ1000にいく前に、ちょっとスマッシュの紹介を。
これは、たぶん今でも発売中なはずです。



これ、グリップが独特なんですよねー。軸に穴が開いていて、内側からゴムが出てきているんです。
あと、口金がグリップと一体化しているのもなんだか珍しいですねー。



ノックも、ジャバラ式で個性的です。つい押したくなっちゃう。



さて、グラフ1000の紹介と行きましょう。
これは、ぺんてるの中でもかなりのロングセラーなんじゃないですかねー。



やっぱり、長いこと売れているだけあって使いやすさ抜群ですよ。バランスとれている感じ。
ああ、私が買っているのが地味な色だけであって、他にもカラバリがいっぱいあります。リミテッドシリーズでいっぱい出てます。



ノックは、600とおなじですねー。この形、製図用で一番好きかもです。



そうそう、グラフ1000のグリップは、さっきのスマッシュと似たような構造なんです。
ああ、これはぺんてるの伝統なのかしら?ラバーと金属グリップのいいとこ取り。

グラフシリーズは、そこまで製図用感が強くなくて普段使いに持って来いですねー。ここから製図用にハマる人多そう。

いよいよ、次回でぺんてる編は最後です。
そして、いちおう次回で製図用シャープペンシルの紹介はおしまいの予定です。最後は個性的なのをどかーんと行きますよー。