読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビノココロミ

日々、いろいろ試して、いろいろ言うブログ。

MENU

製図用シャーペンいろいろ ぺんてる編 その3

文房具

製図用シャーペンいろいろ ぺんてる編 その3



製図用シャープペンシルをジロジロ眺めるこのコーナー、今回がラストです。



てなわけで、ラストはぺんてるの個性派揃い踏み。
最後にぐっと濃いメンツを見て行きましょ―



まずは、グラフペンシル/メカニカグラフ。曲線的なフォルムが素敵な奴らです。
それでいてラインナップに0.2がある、ある意味変態といえる製品です。使ったのかなー



このシリーズの好きなところは、まあ、色々とあるんですけど、このレトロなフォントが好きです。
しかも、よく見ると微妙に表記が違うのです。単位に注目です。



エクザイル的なフォーメーション。
硬度表示のリングがカラフルでステキよ!



あー、そうそう、そういえばこのシリーズは芯径によって口金の形状が違います。
0.2は先端を守るためにスリーブが伸縮し、0.3(メカニカグラフ)はキャップを嵌めるための段があります。それ以外は割と素直な円錐形です。



で、これがメカニカグラフの後端部。先に出てきたキャップを嵌めるために段がついています。
ここがかなりかっこいいです。興奮します。



お次は、グラフ。名前の前にも後にもなーんにも付かない、ただのグラフです。
オール金属製で確かな重量感。これで長時間の筆記は堪えますねー



に、してもなんでこんなにカラフルなのでしょうか。
確か、0.4は鮮やかなメタリックグリーンだったはず。その配色センス、素敵です。



しかーも、ペン先の形状まで替えてくるというこだわりよう。
これは元々そうなのか、それとも製造時期による差なのか。わかりません。



そしーて、大トリはメカニカですよ。あのめかにかですよ。ああ、変換忘れた。
細かいことは、「文具のお話 ぺんてる メカニカ 編 その1」の記事にいっぱい書いたので、見たい人は見るといいです。




メカニカの最大の魅力といえば、やはりこれでしょう。
先金を保護するためのスライドパイプの動きがステキなんです。
グリップをくるくる回すと動くんです。たのしいですよー。でも、凝り過ぎです。



あと、このクリップがグラマラスでステキです。
まあ、これはメカニカに限ったことではないんですがねー。


やっぱり、このラインは超個性的ですね。クセがありすぎます。
フォルムもそうだし、色使いもそうだし、機能もそうだし、素材もそうだし…個性ありすぎ。
が、たぶんそれにはちゃんと意味があってやってることだと思うのです。たぶんね。

これでぺんてる編はおしまいです。そして、製図用シャープペンシルを眺める会も終わりです。

まあ長いこと「製図用シャープペンシルいろいろ」と題していろんな製図用ペンシルを紹介してきましたが、これで以上です。

ぐわー、長かった。つかれたなー。でも、たのしいですねー。
改めて見ると、やっぱりおおいなー、買いすぎだろ―、って思いますけど、見たことのないものを見かけたら、また買ってしまうんだろうなーと思います。絶対そうです。
この沼からは抜け出せないんです。でも、楽しいからいいのです。