ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



ウエアラブルデバイスの最適解 xiaomi Miband

f:id:shio1000bei:20161227154104j:plain

お久しぶりです、しおせんべいです。

 今日はイブで、もう今年も僅かですが、なんとなくブログ書きたくなったので時期とか気にせず始めます。これからよろしく~

 

で、何を書くかですがもう今年も終わりそうなのでいきなりなんですけど、まとめ的なことを書きます。

 

この時期になると「今年買ってよかったもの」という記事がたくさんでますよね。

あれ、見ていると結構面白いし、参考になることもあるので、私も書いてみようかと。

 順位とかジャンルとか気にせず、おもいつくままにあげいていきます。

hibinokokoromi.hatenablog.com

 

ガジェット成分多めですが、いってみましょー

毎日つかえるウエアラブルデバイスとは

まずこれね。xiaomi Miband

 いまもつけてます。

これはいわゆる「ウエアラブルデバイスでして、スマートフォンと連携して、活動量計と睡眠トラッカー、そして各種通知を受信できるべんりなやつです。

 

まー、こういうたぐいのものって

 

例えばapple Watchとかありますけど、お高めの割りには、バッテリー持たないし、そもそもこんなのつけていたら目立って「つけてます」感がすごいんですよね。

 

各社頑張っているとは思いますけど、まだ普段着になじまないんですよ。がじぇっとかんがつよい。

 

とかいいつつ、いちおう、自分はandroid wear のmoto360(第一世代)も持ってますけど 

 ↑コレのシルバーね。

 

まー、これはデザイン的にシンプルでかっこいいし、軽くていんですよ。しかも一万円前後とお手頃価格。(実は気にいってる、結構付けてる。

 

でもね、やっぱり目立つし、バッテリー持たないし。(特にこの機種は持たないらしい)

 

バッテリーか情報量か

なんでかなー、と思ったら、これらには画面がついているんですよ。

だから電池持たないし目立つの。

 

オマエ馬鹿か、手元で通知を確認するための画面、それこそがスマートウォッチでしょうが!!

 と、誰かに突っ込まれそうですが、そもそもあんな小さな画面で確認できる内容ってたかが知れてるんですよね。

 

せいぜいタイトルぐらい。

 あのね、スマートウォッチはスマホの通知バーぐらいの情報量しかないんですよ。

 LINEなんてandroidwearだとスタンプ表示できないの。

 スタンプこそこういうのと相性良さそうなんだけど。

 

これじゃ、あんまり意味ないじゃん。

 だったら、画面必要なくね、いらないんじゃね。と。

 通知だけしてくれればいいよ。と。

 通知だけしてくれればいいよ

じゃーそう言うので安いのないかなーと探して見つけたのがxiaomi Miband なのです。

 これは、通知がくるとバイブレーションで知らせてくれます。これがいい。

 

通知音だと目立つんです。そもそも通知が来たのは自分だけ分かればいいわけで。

 ひとさまに「おー、LINEきたの?」とかおしらせする必要はないんです。

 

まー、そのためにスマホに「マナーモード」があるんですが、それだと気づかない場合がおおいんですよね。

 

 最近のスマホは大きいので、安易にポケットに突っ込めないんですよね。

だからカバンとかに入れちゃう。で、気づかない、と。

 

だけど、腕につけてるものが震えるので絶対とはいえませんが気づきます。

 電話に気づける

これがもうひたすら便利で、特に電話の着信に気付けるのがいい。

 

メールやLINEなんかは後で返せば良いんですが、

(既読スルーしてんじゃねーよとかの話はおいといて。

 

電話って、その場でレスポンスがすぐ欲しいときにしますよね。

だから、すぐに出れないと意味が無いと思うんです。

 だから、それがわかるのはいいですね。

 私はそれが一番の目的でこれを買いました。

 ログでライフサイクルを知る

あとの活動量計とか睡眠ログは、あればいいかなーといった程度だったんですが、これ、あったほうがいいです。

 

勝手に記録をつけてくれるので、「今日はあんまり動いてないなー、じゃー歩いて買い物行くかー」とか、「今週はあんまり寝れてないな。。。睡眠時間確保しよう。」とか自分のライフサイクルに気づけるのがいいです。気づきって素晴らしい。

 

標準アプリは英語なんで、人によってはとっつきにくいと思うんですが、iPhoneAndroidとかのヘルスケアアプリ(google fitとかね)と連携できるのでログが付けやすく、見やすいと思います。

バッテリーの持ちがよく運用も楽 

まー何かと機能面が素晴らしいですが、それよりも素晴らしいのはバッテリーの持ちがよく運用も楽 という点ですね。

 

一回の充電で一月ぐらいは持つ印象です。

これすごくないですか。

 

ふつう、これくらいのバッテリーもちの商品って

MISFIT 活動量計 SHINE 2  カーボンブラック【日本正規代理店品】

MISFIT 活動量計 SHINE 2 カーボンブラック【日本正規代理店品】

 

 

 とかありますけど、これらはボタン電池なんですよね。

だから電池が切れたとき、電池買いに行かないといけないんですよ。

 

これが地味に不便で、コンビニとかで目当ての電池がおいてあるとは限らないので「今度電池買いに行かなきゃ。。。」とそれが一つのタスクになって、忘れてしまうんですよ。

そして忘却の彼方に。

 

でも、xiaomi MibandはUSBで充電できるのでそういう手間がないんですよね。

この手軽さが続けられる理由の一つなのかなー

目立たないウエアラブルデバイス

あ、あと、xiaomi Miband自体は小さくて軽いので装着感がなく目立たないのもいいです。

 

これだと服装を問わず毎日つけていられるので習慣化できるんですよ。

 デザインが気に食わなきゃ、サードパーティのアクセサリーつければいいしね。

 

xiaomi Miband自体は防水なので、手を洗うぐらいならいちいち外さなくていいし、装着感が薄いので寝るときにあまり気にならないのもいいです。(睡眠ログのためのトラッカーが気になって眠りが浅くなったら意味ないじゃん

 オススメモデルはこれ!

ここまでくると、「なにそれよさそう、でも高いんじゃない?」と思われる方もいると思いますが、アマゾンだとなんと2000円前後で買えます。

 

安すぎ!と思いました。自分でも。

 

あ、なんか似たような製品が色々出てますけど、私がおすすめするのは第一世代のxiaomi Mibandです。

 

世代がバージョンアップするごとにいろいろな機能が追加されてますが、ワタシ的には

心拍計なんていらないし、ましてや画面表示なんてもってのほか。

バッテリー持ち最優先ですから。

 

と、言うわけで、まとめると、

 

  • 必要な通知が手元でわかって、
  • 活動量や睡眠ログもでき、自分のライフサイクルがわかる
  • しかもバッテリーもちがよく目立たないデザインでいつでも付けっぱなしにできる!

 

という現時点で自分のなかで最適解かなーと思えるウエアラブルデバイス

それがxiaomi Mibandです。

 

ステマじゃないです、今年使ってみてほんとにいいなと思ったんですから。

 

。。。

 

なんか、久々に文章書いたので文量がコントロール出来ないです。

ホントはリスト形式にする予定でしたが、まだ一つしか紹介できてないのに4000文字行きそうなんで記事分けます。

 

2017-01-03追記

 まとめ記事できたよ~

hibinokokoromi.hatenablog.com

 それじゃ、またあとで。