ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



ポケットに収まる激安ストーブでお手軽アウトドア体験

f:id:shio1000bei:20170122164713j:plain

寒い日が続きますが、天気がいい日は外に出たくなりますね。しおせんべいです。

 そういうときは、こういうアイテムでお手軽アウトドア気分はどうでしょうか。

エスビットと同サイズの固形燃料ストーブ

エスビットと同サイズの固形燃料ストーブ

 

 

 

アウトドア気分には「炎」が欠かせない

アウトドアでしかできないことの一つに、火を使うという点が挙げられます。

まさか、室内で焚き火をする訳にいきませんしねぇ。

ただ、焚き火っておもったよりコツがいるので、インドアなわたしたちには敷居が高い!

 

だから、適当なコンロとかストーブ(暖房器具ではない)で済ませるのが手っ取り早いです。

 

ただ、それでもなんだか気軽にできなんですよ。

ガスボンベを使うやつとかありますが、ちょっとかさばるんだよなぁ。

あと、ガスボンベの扱いとか処分に困るし。

 

独りでやる場合は、もっと気軽にやりたいんです。

別に、調理とかするわけでなく、ただ単に火を使いたいなぁ。

なんかさ、ロマンもあるじゃん?

そんでもってコンパクトなのがいいなぁ。

ポケットに収まる激安ストーブ

と、言うわけでこんなのを見つけました。

エスビットと同サイズの固形燃料ストーブ

エスビットと同サイズの固形燃料ストーブ

 

 

これは、

 この製品のサードパーティというか、まぁコピー製品ですかね。

 

そもそも、このエスビットとはなんぞや、ですが

www.wikiwand.com

 

そもそもエスビット自体は固形燃料の方を指す言葉で、その固形燃料にぴったりなサイズに作られた専用のストーブが、このポケットストーブなんだそうです。

 

ただ、正規品が1000円以上するのに対し、ストーブ単体だけですが200~300円で手に入るので気軽に試すにはもってこいです。

 

この大きさなら、文字通りポケットに収めて持ち運べます。

なんて気軽なんだ!

燃料は百均で調達可能

ただ、燃料のエスビット自体が流通が不安定です。

Esbit(エスビット) 固形燃料ミリタリー14g×6個入 ES11220000

Esbit(エスビット) 固形燃料ミリタリー14g×6個入 ES11220000

 

 

2017年1月22日現在、在庫なし扱いですね。

これでは、ちょっと運用しづらいなぁ。

 

気軽に使うためには、どこでも手に入る燃料が良いですね。

 

レビューをみると、100円ショップの着火剤がこのポケットストーブにぴったりサイズとあったので早速買ってきました。

 ↑ストーブの中に収まってるやつです。

4つ入りで100円なので安価でいいですね。

 

では、燃料とストーブが揃ったので早速使ってみました。

ただ単にお湯を沸かすだけ。でも面白い。

と、いうわけで手始めにコーヒーを飲んでみることに。

 

なお、火を使う場合には許可された場所で使用しましょう。

ちなみにわたしは自宅の庭でやりました。

 

 

地面を傷めないためと、安定のためレンガを敷いてトライ。

 

 

燃料が燃え尽きるまで6~7分という感じでした。

 

 

風が弱い日でしたが、風防なしでは十分お湯が温まりきりませんでした。

ちゃんと沸かしたい方は別途風防が必要なようです。

 

 

なお、飲んでいるコーヒーはこれです。

カフェカルディ ドリップコーヒー マイルドカルディ 10g×10P

カフェカルディ ドリップコーヒー マイルドカルディ 10g×10P

 

 

個人的に、マイルドというかライトな感じで、コーヒーが苦手な方でも飲みやすいと思います。

 お安いが男心くすぐられるアイテム

ただお湯を沸かすだけなのに、このアウトドドア感はなんでしょう。

電気ポットやバリスタでコーヒーを淹れるのとは違い、贅沢な時間の使い方ですね。

(決して時間の無駄遣いではない。

 

 

お湯を沸かす以外にも、ごく簡単な調理もできるようです。

 こういうのと組み合わせると、炊飯もできるようです。

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

 

 

なお、使用後についてですが

 

100均の着火剤はススが出なくて後片付けも楽でした。

これなら気軽に使えますねー。

 

と、いうわけで、ポケットに収まる激安ストーブでお手軽アウトドア体験のおはなしでした。

 

エスビットと同サイズの固形燃料ストーブ

エスビットと同サイズの固形燃料ストーブ

 

 

ここから、アウトドア沼にはまってゆきそうな予感ですね。