ヒビノココロミ

ひび、すきなもので、すきなところで、すきなことをする

みにれびゅー020:旅行のアウターは「袋が別でない」パッカブルがおすすめ

この記事をシェアする

もう、上着が手放せない季節ですねー。しおせんです。

 旅先では移動が多く、気温も変化しやすいです。先日も山の方へ行ってきましたが、自宅と現地の気温差があると、アウターの扱いに困るんですよね。

 

hibinokokoromi.hatenablog.com

 

現地は寒いから上着持っていきたいんだけど、今着るほどじゃないなぁ。じゃまだなぁ。というシチュエーションは往々にしてあることです。と、なるとコンパクトに畳める「パッカブル」なアウターが役立つわけなんですよね。というわけで、個人的にお気に入りのパッカブルなアウターをご紹介。

 

まずは、さまざまな場面で活躍しそうなマリンパーカー。旅行にアウターをとりあえず持ってゆくなら、これ。これは、B:MING by BEAMSのマリンパーカーです。薄手で、ちょっとなにか羽織りたいなーという時によく着ています。こういったパッカブルなやつにしては、生地の質感がコシと光沢感があるので安っぽく見えないのが好きです。フードの立ち上がりがあるので、防寒としても、見た目もよく、多数あるポケットは身軽で行きたい旅先では何かと役に立ちます。毎年、春先に出回るので、気になる方ぜひ。

www.beams.co.jp

 

とはいえこの先の季節、マリンパーカーだけではしのげない寒さもあるのでインナーダウンとして、無印のパッカブルなダウンも持ってゆきたいところ。インナーダウンは普段のアウターの下に着ることで寒さ対策できるのが良いですよね。無印のこれは、同等製品と比べて手頃な価格で、あと、ファスナーではなくスナップなところが個人的にお気に入りです。かがんたときにお腹の部分がファスナーでモコっとしないのが好き。もちろん、単体で羽織ってもいい感じですよ。

www.muji.net

 

旅先の天気は変わりやすいことがおおくて嫌になりますが、そういうときはレインウェアがあると安心。このケーウェイのレインポンチョは、バックパックの上からまるごとかぶせて着れるので、急な雨のときとかに何度も助けられています。着丈も長いのでとりあえずの雨しのぎには十分です。各所にあしらわれたケーウエイのロゴが可愛いんですよね。色展開がおおく、カラフルなものからベーシックな色まであるのでお好きなのをどうぞ。

LE VRAI 3.0 MORGAN | ケーウェイ | K-WAY | 日本公式webサイト

 

さて。なぜ数あるパッカブルなアウターの中でもこれらを好んで使っているのかといえば、収納する袋がアウターと一体になっているからなんですよね。慌ただしい旅行先で小さい袋とかなくしがちなんですよね。袋をなくしてしまうと、もはやパッカブルではなくなってしまいますから。あと、特に折り畳まなくても、そのままくしゃくしゃっと押し込めば収納できますし、シワもすぐになくなってゆくところも扱いやすいです。

 

これらはたたむと、そうですね、ポテチの袋ぐらいの大きさです。あまり小さくはなりません。パッカブルというと、コンパクトさを極めたものにも惹かれるのですが、そういうのって収納にコツがいるんですよね。羽織って、しまって、そしてまた着て…を繰り返すのであればある程度ラフに扱えるぐらいのほうが断然楽です。

 

旅先では荷物も増えがち。パッカブルなバッグはこちら。

 

hibinokokoromi.hatenablog.com