ヒビノココロミ

ひび、すきなもので、すきなところで、すきなことをする

財布に入る財布―KEEKでミニマル財布に現金の居場所を作る

f:id:shio1000bei:20210902193622j:plain

もう秋ですね。しおせんです。

 

さて、だいぶブログから離れていましたが

それの原因ってのは、はてなブログがGoogleフォトとの連携でエラーを起こしていたからなんですよね。(それ何回言うのさ

staff.hatenablog.com

まあ、つまりは、「今まで書いていたブログの写真がぜんぶ消える」という状態になったというわけです。これでモチベ保てる人がいるなら僕は尊敬します。

 

なんだけれども、ここに来てようやっと再連携する見込みがたったので、また書いてみるわけです。ブログを。

 

んで、今回話すのはこれ。

doesntmatter.buyshop.jp

 

まあね、つまりは「最小サイズの財布」ってやつですよ。

 

あー、ね。

よくあるよくある。「ミニマル財布」ってのはガジェッターの琴線に触れるものなんで、皆様に置かれましては蒐集してるとおもいますが(偏見

 

これはそれらの中でも頭一つ、いや、2つぐらい飛び抜けてる。

 

まあ、サイズ的には日本円の紙幣を四つ折りにしたサイズの財布。

なのですよ。

 

f:id:shio1000bei:20210902193629j:plain

突き詰めると

 

財布ってのは「一周回って」現金が入ればそれで良いのかもしれない。

 

だって、クレカとか交通系ICとかポイントカードだとかは、ぜえーーーーんぶスマホにデジタルデータで入っちゃうじゃない。

 

でもさ。

「現金」を排除するってのは今現在ではかなり難しい。

現金を使うシチュエーションって、割とある。とくに硬貨。

でも、それってのは自分が気をつけていれば避けられるんだけどね、

 

不意に必要なときもあるのよ。

割り勘するときとか、旅先の店とか、普段の生活習慣とは違う「イベント」時には

やっぱり「あー、現金あってよかったー。」ってなるのよ。

 

だから、現金は積極的には使わないけど、携行はしたいなー。

でもじゃまにならない程度がいいなー。ってなるのよ。

 

んで、この財布。紙幣四つ折りサイズジャストで作られたってのは、「もうこれ以上は小さくできない」っていう極限のサイズだと思います。

 

八つ折りだと小銭と共存が厳しいし、だいいち、そんな紙幣畳まねーよ。ってなる。よね?

 

f:id:shio1000bei:20210902193638j:plain

よくね

 

「財布をミニマルにするために、小銭入れをなくしました!」みたいなこと言う財布あるじゃない。

 

あれさ、僕には、さっき言ったみたいな理由で、馴染めないんだよねー。

 

それいうならさ、もはや財布じゃなくてよくね?

その理論ならカードと紙幣入ればいいんでしょ?だったらスマホケースとか名刺入れでも入れ込む余地あるじゃん笑

 

って、思う。

そうね、カードサイズの入れ物とかはぜんぶ財布になっちゃうね。

 

で、カードサイズの小物入れの中で、現金をきれいに収納するために自分はこの『KEEK』を忍ばせてる。

 

そうね、「財布に入る財布」ってことになるね。

この『KEEK』があると、現金を持ち歩くのが最小限のスペースで済むから気に入ってる。

小銭も、ガバっと、収納できるから臆することなく使えるよね。

僕には「小銭は帰宅したら取り出して財布をスリムに保ちましょう!」って事ができないからさ。めんどい。

 

ってなわけで

 

普段は現金はあまり使わないけれども、なんとなく持っておきたい、でもなるべく小さく、かといって最低限使いやすさは担保したい

 

って人は、この『KEEK』を忍ばせておくのがいいのかもしれない。

単体でも、組わ合わせても使えるのは、シンプルな製品のいいところだよね。

 

doesntmatter.buyshop.jp