ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">原始のロマン。</span>

皆さんこんにちは。

世間は24時間ぶっ通しでやる番組で盛り上がっているようですが、
そんなことには関係なくヒビノココロミは通常更新です。

ああ、もうこんな時期ですか。

あの番組が始まると夏の終わりを感じますね。

もう、夏休み終わっちゃうのか。

昔はそんな名残惜しさに駆られたものです。今はそんなに感じませんけど。

もう、かなり長いことやっているみたいなんで時候の挨拶として定着しても良いのではないですかね。

手紙の冒頭に「24時間テレビが始まる季節になりましたがいかがお過ごしでしょうか。」とか。

あ、番組名言っちゃった。別に良いんですけど。


さて、あの番組の話題を盛り込んだところで今日の商品です。


東ハトの「マンモスの肉!?・ほしにくジャーキー味」です。

この商品、以前はもっと薄いチップス状のやつがあったと思うのですが、皆さん覚えています?

で、こちらの商品はチップス状からパフ状にリニューアルしたみたいなんです。

そう、ちょうど東ハトの人気商品「キャラメルコーン」と同じような生地です。

これにより、マンモスの肉を食らうようなジューシー感が生まれたのだとか。




ほら、ここにも書いてありますね。

ま、マンモスの肉のジューシー感とか書いてありますけど、あくまでイメージですから、イメージ。




では、早速頂いてみましょうか。

袋から出してみると意外に大きいですね。

でかいし、分厚いし豪快だぜ。

では、原始人よろしくマンモスの肉にかぶりついてみます。

ザクッ、ザクザクザク…

「うふぉ、マンモスの肉感が感じられる!」

いや、もちろん実際のマンモスの肉は食べたこと無いですよ。

でも、以前の商品よりも肉に「喰らいついている感」はありますね。

前のヤツが干し肉とするならば、こちらはステーキといった感じ。

お菓子のはずなのに、不思議とジューシー感さえ感じられます。


夏の終わりの今だからこそ、こういうものを食べて浮かれてみませんか?