ヒビノココロミ

ひび、すきなもので、すきなところで、すきなことをする

PENTAX K-01+smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XS / SHOOTING REPORT -K01でお写ん歩

この記事をシェアする

 

個性的なカメラとは何か。そう聞かれたら、私はこのカメラを思い浮かべます。マーク・ニューソン氏がデザインしたミラーレス一眼カメラ「K-01」。これほど強烈な個性を放つデザインのカメラは他にないと思います。無骨なカメラのイメージを覆す、ポップなデザイン。そして、そのボディに合わせて作られたDA 40mmF2.8 XSという極薄の、通称・ビスケットレンズ。この唯一無二の組み合わせが写す画はいったいどのような感じなのでしょう。

( Photography & Text : しおせん )

 

今回は、すべてF2.8の絞り優先で撮っています。まあ、素人にありがちなボケ優先設定ですね。手始めに、地下鉄の構内から。ビビッドな車両とサイン、そして闇のコントラストが見られる一枚です。

 

鉄分が足りないのか、やたらと線路に目が行く一日でした。かなりの薄暗さですが、それなりには撮れていると思います。ノイズはあれど鉄の冷たい感じや、鈍く輝く感じは伝わってきます。

 

UDX階段。薄曇りの一日でしたが、見たとおりには写せています。無機質な感じ撮るなら、もっと絞ればよかったですね。

 

ですが、ぐっと寄ってみるとどうでしょう。F2.8 のビスケットレンズと、K-01のAPS-Cセンサーの組み合わせによるボケがどんな感じかわかるのではないでしょうか。PENTAXのカメラは、緑の色が印象的ですね。

 


 

銀座に来れば誰もが必ず撮影する、銀座・和光。ファサードの細かな装飾に注目してください。

 

この日の銀座は、歩行者天国でした。この、徐々に銀座の町並みが雑多になってゆくこちらの方角はついつい撮ってしまいます。

 

AppleStore店内。新製品発売直後で賑わっていました。展示台に投影された、柔らかい照明の感じが伝わりますか?

 

人だかりができてると思えば、フォトジェニックな猫が。こちらを向いた瞬間、急いで撮ったので、ややピントが甘いですね。K-01、ミラーレスの割にやや大ぶりで重量感があるのが、ここで撮影に影響してしまいました。それに、AFがコントラスト方式ですので、動体をすばやく撮るのには残念ながら向きません。

 


 

ちょっと、伊東屋に寄ったので、紙の色見本でK-01の色の出方を見てみましょう。

 

デジカメの鬼門、青から紫のコントラスト。私は結構見たまま写せているとは思いますが。

 

照明の影響で、やや黄ばんで見えますが、緑のトーンはどうでしょうか?色に関しては、割と素直に表現してくれていると思います。いや、緑はむしろきれいかと。

 


 

さて、風景は撮れましたのでお次は物撮り。今回の組み合わせでは、最短撮影距離は40cmですのでぐっと寄るのはむつかしいです。ですが、モノ全体を写すのであれば無理なく使えます。背景がやんわりボケて、手前のものが際立ちます。

 

食べ物はどうでしょう。バンズとパティの照りが見事ですね。実際よりは、やや色が濃い目に出ている感じですね。テーブルフォト、撮れます。ただしピントの関係で、テーブルからはちょっと下がる必要がありますね。

 


 

ポップなデザインに隠された、確かな性能。

 

ともすれば本機種、そのポップなデザインから性能を侮ることでしょう。たしかに、APS-C機ではエントリークラスの性能と評価されています。しかしながら、「ふつうに」撮影するぶんには何も問題なく、むしろ緑色の発色の良さは評価でき、さすがはPENTAXと思えました。そして、smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XS。驚異の薄さから描画性能は期待できないのでは?と思いますが、スナップであればそつなくこなせます。グラマラスなK-01のボディに溶け込む感じは、さすが同じデザイナーが手がけただけあるな、と思います。K-01を使うなら、まずはDA 40mmF2.8 XSでしょう。

はい、ミラーレスにしてはゴツくて、かなり重い(約560g)です。AFも、コントラスト検出式なので、動体を撮るのには向きません。ですが、日常のスナップであれば特には問題ない性能です。なんといいますか、欠点もこの唯一無二のデザインの前では霞んでしまうんですよね。こんなポップで可愛いデザイン、トイカメラぐらいでしかないです。普通は。でも、APS-Cのエントリークラスの「まともに使える」性能で、このデザインで出してきたのはすばらしい。カメラをアクセサリー感覚で使うというのも、このカメラならわかる気がします。アクセントと言うよりもむしろ、このカメラに合わせた、ポップな装いで街に飛び出したくなります。K-01のデザインに一番マッチしているのは、このホワイト×ブルー。再販時に出た、限定色です。そうです、再販されるほどのファンを持つカメラなんです。可愛い子が仕事できるとか、モテるに決まってるじゃないですか。そういうことです。

 

PENTAX ビスケットレンズ 標準単焦点レンズ DA40mmF2.8XS Kマウント APS-Cサイズ 22137

PENTAX ビスケットレンズ 標準単焦点レンズ DA40mmF2.8XS Kマウント APS-Cサイズ 22137