ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



<span itemprop="headline">最後の一滴まで。</span>

皆さんこんにちは。

先日歩きながらipodで音楽を聴いていたら何かの拍子にイヤホンのコードを
木の枝に引っ掛けてしまいました。

でも、私は気づかなかったのでそのまま歩きます。

「グンッ!」

「ウッ!」

木の枝に引っかかったコードはなかなか取れずに引っ張られ、私の耳から
イヤホンがはずれました。耳がものすごく痛い。

しかもその衝撃でイヤホンのコードが断線し、左側から音が聞こえなくなりました。

がーん。ああ、また出費が。


さて、今日の商品はこちらです。


アサヒ飲料の「ティオ ゴールデンストレートティー」です。

あの、有名アイドルがCMをしているやつですよ。アイドルって年でもないか。

じつはこれ、以前にも発売されていたらしいんですよね。

まあ、私は初見ですが。

いまや、ほとんどの清涼飲料が「カロリーゼロ」ですよね。

これも例に漏れず「カロリーゼロ」の紅茶です。



でも、それだけでは個性がありませんね。

これでは競争の激しい清涼飲料界ではやっていけません。

で、何とか個性を出そうと各社色々なアイデアを出すのです。

この「ティオ」は「甘さうれしい糖類ゼロ」とあるように、糖類は使用してないんだそうです。



でも、私が推したいのはむしろこちらのほう。

「『旨み2段抽出(=ゴールデンドロップ抽出)』で紅茶の旨みしっかり。」

これは、普通に紅茶を抽出してもまだ茶葉に残っている旨みに注目した製法でして。

その旨みを搾り取るために、紅茶を抽出したあとの茶葉に水をかけ
茶葉の旨みをあますことなく引き出すことに成功したんです!

現在特許出願中だとか。へぇ。




そういう説明を読んでから飲んでみるとなぜか美味しく感じるんですよねぇ。

なんか、普通の紅茶より味が濃く感じるんですよ。

ただ、このうす甘い甘みが独特ですね。キシリトールのなせる技?

人によってはだめかも。

でも、まあ私の中では許容範囲です。

ミルクティーはどうなのかな?