ヒビノココロミ

日々、いろいろためして、いろいろ言うブログ



ゼロから始める一人暮らし 01:部屋探し編

しってますか。一人暮らしって、思い立ったらすぐできるんですよ。

しおせんべいです。

 みなさんどうも。しおせんべいです。

わたくしごとですが、この2017年10月から一人暮らしを始めました。

 

あれー?新生活のタイミングって、春じゃないの?

とか思う方が多いですようが、一人暮らしなんて、自分のタイミングでいつでもできるので、いつでもいいんですよ。

 

まあ、そりゃあ、勤務先、通学先の事情で親元を離れる必要がある、もしくは、一刻も早く自立したいんじゃ!なーんて方は、この記事を読むまでもなく、自分でお調べになるんでしょうが、

 

そうではなく、「べつに学校も勤務先も近いし、うちにお金入れて自分のことは自分で済ましているし、あえて一人暮らしする必要は感じられないんだよなぁ。あ、でも、経験として一人暮らししてみたーい!」なんて方も中にはおられるでしょう。

 

それが私でした。

 

なんで、この記事は、なんとなく一人暮しを始めてみたい方に向けて送る、自身の体験に基づいた備忘録的なものです。

 

ほんと、金銭面、時間面、めんどくささが足かせになって一人暮らし始められない方は必見の記事です。

 

んで、今回は、まずお部屋探しからご説明します。

 

あ、小難しい話とかはしないから。ざっくりとした説明で流れを掴んで。

細かい話は、不動産会社とかの詳しい人が勝手にしてくれるよん♪

 

 へやさがしって、こだわりだすときりがない

 さー!一人暮らしでも始めるとすっか

ってことで、まずすることは、お部屋探しですよねぇ。

 

私が思うに、一人暮らしのお部屋探しで重要なのは、

「一人暮らしするメリットが感じられる部屋を選ぶこと」です。

 

だって、最低でも2年間住むかもしれない部屋なんですよ。

そこが、立地が悪かったり、間取りが最悪だったりしたら、やる気なくなっちゃうでしょう。

 

んなことは、あんたに言われなくてもよーくわかってる。

でもさ、条件が多すぎて絞りきれないから理想のお部屋が見つからないのよねぇ。

 って、お部屋探しの泥沼にはまっている方が大多数です。

 

でも、そういう人って、結局、条件の優先順位が曖昧なんで、部屋が見つからない、ってなってるんじゃないですか?

 

じゃあさ、参考までに私の部屋探しの条件の優先順位をご説明しますね。

 まずは、場所と家賃できめよう

まず、一番は、場所。

それも、できるだけ勤務地に近いところ。私は徒歩圏内にしました。

 

だってさ、通勤時間なんて無駄でしかないじゃん。

あんな、満員電車に揉まれたり、朝の渋滞ラッシュに巻き込まれたりする、なんの意味もないストレスフルな時間、もったいなすぎるでしょ。

 

一日は誰にでも平等に24時間しか与えられない。

だったら、無駄な時間なくそうよ。

そのぶん寝ようぜ。

 

あ、あとね、車乗らない人なら、どんな駅でもいいから駅チカだとなお良いですね。

それも、徒歩圏内。

ちょっとした移動がぐっと楽になりますから。

 

主要駅前はお高いので、住宅街の何にもない駅とかは狙い目ですよ。

 

2番目の条件は、お家賃でしょう。私は5万円で住める部屋にしました。

やっぱ、世の中お金なんですよ。高くても手取りの30% がいいね。

 

家賃は固定費なんで、嫌でも出ていくんです。

それが、自分に無理のある額だったら、もう生活が厳しくなって、毎日余裕がなくて気分はサイテーってなります。

 

ちょっと無理してでもいい部屋に住みたい…!

気持ちはわかるけどさ、お金ないと何にもできないよ?

広い部屋に住みたい?掃除はあんたがするんだよ?管理できんの?

 

少なくとも、社会人であれば、平日は飯食って風呂入って寝るしかしないんで、部屋なんて最低限でいいと思います。

毎日部屋に誰か来るリア充ならまだしも、普通の人は一人が快適に暮らせる最低限のお部屋でいいのよ。

 

家族ができたらお家賃折半すればいい部屋に住めますから。楽しみは取っておいて。

お金と時間どっちも大事。でも時間のほうが大事。

ここで、ちょっと言いたいんですけど、

私の中では、お金よりも時間が大切なんですよね。

 

なんでかって?

お金は頑張って稼げばいくらでも手に入るけど、時間はどんなに頑張っても、だれでも一日24時間しか与えられないんですよね。

 

だからさ、通勤時間とか、移動時間とか、掃除の時間とか、無駄で苦痛な時間をできるだけなくしたいの。

 

そんな時間があるなら、もっと寝ていたいし、スプラトゥーンやりたいし、ネットサーフィンしたいし、自転車乗りたいし…自分の事に時間さきたいのよね。

 

与えられた時間を自分のために贅沢に使いたい。それが私です。

 

ここまでで、だいぶ絞れてきたんじゃない?

間取りはこだわりポイント、見た目より利便性で 

あとは、間取りの条件を追加していけば、もう決まっちゃうんじゃない?

 

ちなみに、私の間取りの条件はねー

  • 1Kでキッチンが独立
  • バス・トイレ・洗面独立
  • 浴室乾燥機つきで、洗濯機置き場は室内
  • 明るい部屋

です。

 

1Kでキッチン独立ってのがもう最優先で。

少しでもキッチンに立つなら、絶対独立してる間取りがいいです!

だって、調理した匂いが寝具につくなんてさいあくじゃん。

 

あとね、料理する気がサラサラない人でも、キッチン独立のお部屋をおすすめします!

それはね、キッチンがリビングから視界に入ると、どうしても雑然とした印象になりがちなんですよ。

 

どんなに工夫しても、水回りの生活感は消せない。これ真実。

 

自分だけならまだしも、人が来たらぜったい気になりますから。

自己管理ができないズボラちゃんにおすすめ。

 

ゴミ箱とか、白物家電とかをまとめておけるスペースは、お部屋スッキリさせることにおいて重要なんです!

 

つぎに、バス・トイレ・洗面別ね。

これは単に、

お風呂入ったあとトイレに入るとき床が濡れてるのはやだなぁ」

「人が来たら、同時に使えないのは苦痛だなぁ」

って思ったらから。

 

ユニットバスは、みんな気にすると思うけど、洗面別までは見落としがちなんで、気にしておこう。

洗面台に、身支度関係のものや医薬品をまとめておけるのでおすすめ。

 

そんで、浴室乾燥機つきで、洗濯機置き場は室内ね。

ご飯は外食で済ませばいいかもしれませんが、お洗濯は、嫌でもしなくてはなりません。

嫌でも繰り返しになるこの作業、できるだけナーバスになりたくない。

 

なんで、洗濯機置き場が外にあるなんてもってのほか。

いくら家賃が安くても、そんなこと妥協しちゃだめよ。

いちいち洗濯のために一回出るのは、私は耐えられない。

 

あとは、浴室乾燥機付きね。

これは、あると何かと便利。梅雨とか秋雨の時期は神様に思える。

部屋干しは絶対失敗するから。洋服がクサいってさいあくだよ。

なにより、リビングに洗濯物干してあるなんて、生活感ありすぎでしょ。

 

ん?乾燥機付きの洗濯機買えばいいじゃんって?

あれさ、初期投資もランニングコストも高いし、容量少ないじゃん。

だから、いらない。

 

そうじゃなくても、晴れた日は、おひさまの日差しでからっと乾かしたいですよねー

 

さいごは、明るい部屋ってことね。

これは、部屋の向きの問題ですね。

お休みの日の日中は、電気つけなくても明るい部屋がいい。

電気代節約になるしね。お洗濯物もよく乾く。

 

あとね、なにより、気分が良くなると思うよ。

くらいジメジメした部屋って、テンション下がっちゃう。

 

もちろん、夏は部屋がクソ熱くなるリスクとはトレードオフだけど、それは遮熱カーテンで防げばいいとおもう。

ちなみに、私の部屋真南向きです。

 

そんな条件を頭に入れて、検索サイトでポチポチすると、条件に叶うお部屋を絞り込めました!

 

理想のお部屋を見つけたら、すぐさまキープしましょう!

不動産会社に、電話なりメールなりして、すぐ内覧の手配してね。

人生なんでも、早い者勝ちよ。

 場所と家賃を決めて、間取りの利便性で絞り込む

じゃあ、最後に、今回紹介したお部屋探しの条件まとめておきますね。

 

誰にでも言える大前提の条件として

  1. 勤務先・通学先に近い(理想は徒歩圏)
  2. 家賃が無理のない額(高くても手取りの30% )

 

それに加えて、私なりの条件が

  • 1Kでキッチンが独立
  • バス・トイレ・洗面独立
  • 浴室乾燥機つきで、洗濯機置き場は室内
  • 明るい部屋

 

です。

 

あとは、周辺の利便性なんてのもあるんでしょうが、それを言い出したらきりがない。

いまどき、コンビニさえあれば最低限どーにかなるし、足りなければネットでポチポチやりましょう。

 

いいですか、条件はブレないでね。

部屋探すのが大変になるから。