ヒビノココロミ

ひび、すきなもので、すきなところで、すきなことをする

みにれびゅー010:Canon EF50mm F1.8 II

この記事をシェアする

明日は春分の日、三寒四温。しおせんです。

 こんかいは、春に向けて調達した、背景がとろけるほどにボケるど定番レンズを試したって話。

いわゆるCanonの撒き餌レンズの初代ね。

明るくてよくボケて(F1.8だしね)扱いやすい。(裸眼と同じ画角)

キットレンズからのステップアップに、Canon様がばらまいてるの。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

 

 

現行のは二代目。金属製躯体で剛性高くなり、ピントがスムーズに合う。

 が、実売価格が高くなってる。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

 

 

x7のキットレンズ(EF 40 f2.8 stm)と比べるとこう。

おおきさは、いわゆるパンケーキではない。けどすっごいかるい。(130g)

 

APS-Cのx7につけると、35mm判換算で焦点距離80mmの画角になり、中望遠に。

パンダカラー可愛すぎる。これでシャンシャン撮りたい。

 

35mm判換算で焦点距離80mmの画角ってのは、スナップショットに最適ってこと。

背景無意味にぼかせる。

 

もうね、とろとろのボケ感。すっごい明るい。

 ちなみに、撮影したのは3月の夕方五時。日は落ちかけてる。

ただねピント合うのがやや遅いので、静物向きかな。

ジー、ガコッ、ジーガコッ、ガコ、ピピッ!って感じ。

まあ、基本設計古いからね。1990年発売。

 

やや遠目であれば、テーブルフォトにも。

 

うお、まぶしっ。これはやりすぎ。(露出いじった)

 

タコの唐揚げは、からあげの中で一番うまいと思う。(個人の感想です)

 

よくわからないなにか(酔ってる)

 

…っと、いうわけでCanonの撒き餌レンズは、これからの季節、桜撮ったり、そこに彼女立たせて撮ったり、という用途にぴったりな、春の柔らかい日差しのなか、ほわーんとした空気をよく捉えてくれそうなレンズだと思いました。

コンパクトでかるいから、気軽に持ち出そう。

 

 

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

 
Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM